放射線治療と口腔粘膜炎
・口腔乾燥

対症療法とケア 適切な対応が大切です

痛みをコントロールする…症状に応じた鎮痛剤を使用します

痛みがあると食事がとれずに栄養不足となり、口腔粘膜炎がなかなか良くはなりません。そのため積極的に痛み止めの処方薬を使うことが推奨されます。口腔粘膜炎に対しては、通常の痛み止め(解熱鎮痛剤)が良く効きますが、通常の痛み止めでは効果がないくらい痛みが強くなる場合も多く、その時はモルヒネなどの医療用麻薬を追加して使うことが推奨されています。

粘膜炎の程度と痛みのコントロール

粘膜炎:軽い

  • 口の中がざらざら
  • のどに違和感

うがい

  • 1日8回のうがいが目標
  • クチュクチュうがい
  • 水(ぬるま湯)や生理食塩水、低刺激の洗口液でのうがい

粘膜炎:やや強い

  • 口の中がひりひり痛い
  • 飲み込むと痛い
  • 食事はできる

うがい+痛み止め

  • 通常の痛み止めを1日3回服用開始
  • 場合により、即効性モルヒネを頓服で使用

粘膜炎:強い

  • 口の中が痛くて話せない
  • 飲み込むと痛い
  • 咀嚼(そしゃく)がしにくい

うがい+痛み止め+医療用麻薬

  • 通常の痛み止めとモルヒネの両方を決められた時間に服用

痛み止めの使い方

口腔粘膜炎の痛みは、口を動かしたり、食べ物や飲み物が口に入ることが刺激となり痛みが強くなります。食事の30~60分前に痛み止めを飲むことで、食事中の痛みが軽減します。また、うがい薬に局所麻酔薬を混ぜて使用することで、粘膜を短時間麻痺させて食事をとる方法もあります。使用にあたっては、必ず医療者に相談をして下さい。