抗がん剤治療と末梢神経障害

薬剤別の末梢神経障害の症状について 薬ごとに解説します

パクリタキセル/ドセタキセル

パクリタキセル(タキソール、パクリタキセル、アブラキサン)
ドセタキセル(タキソテール、ワンタキソテール、ドセタキセル)
症状 手先・足先のしびれ、刺すような痛み、関節痛、筋肉痛、感覚が鈍い など
患者さんの訴え 手首から指先までしびれる感じ、靴下をはいているところがしびれる感じ、手や足の関節が痛い など
病態など

パクリタキセル

微小管(びしょうかん)の障害が原因となり、手袋や靴下の着用部分からしびれや痛み、知覚異常が起こります。
1回投与量が多い(200mg/m2(体表面積)以上)と症状が出やすいとされています。さらに総投与量が715mg/m2(体表面積)を超えると頻度が上がるという報告があります。
シスプラチンとの併用では、高率に発症し、症状が重症になると回復が困難になる場合があります。
発症時期は、投与3~5日後から起こるとされています。

ドセタキセル

パクリタキセルと病態・症状は同じですが、パクリタキセルよりも末梢神経障害の発症頻度は低いとされています。