抗がん剤治療における骨髄抑制と
感染症対策

参考資料

  • 城向富由子:骨髄抑制① 白血球減少に伴う易感染.勝俣範之,足利幸乃,菅野かおり(編著):がん治療薬まるわかりBOOK.照林社.2015;270-272.
  • 大上幸子:骨髄抑制② 赤血球減少に伴う貧血.勝俣範之,足利幸乃,菅野かおり(編著):がん治療薬まるわかりBOOK.照林社.2015;273-275.
  • 城向富由子:骨髄抑制③ 発熱性好中球減少症(FN).勝俣範之,足利幸乃,菅野かおり(編著):がん治療薬まるわかりBOOK.照林社.2015;276-278.
  • 大上幸子:骨髄抑制④ 血小板減少による出血傾向.勝俣範之,足利幸乃,菅野かおり(編著):がん治療薬まるわかりBOOK.照林社.2015;279-281.
  • 小谷美智代:骨髄抑制.三嶋秀行(監):そのまま使えるがん化学療法患者説明ガイド.メディカ出版.2015;128-132.
  • 山田みつぎ:副作用はこうして乗り切ろう!「感染症」.がんサポート.2015;148: 92-95.
  • 小室泰司,金子佑典,元木 忍,他:4章 骨髄抑制.佐々木常雄,岡元るみ子(監):そこが知りたい!がん化学療法とケアQ&A第2版.総合医学社.2014;90-110.
  • 荒川さやか,後藤悌:感染症.小西敏郎(編):はじめてでもやさしいがん化学療法看護-抗がん薬を扱う知識と副作用マネジメント.学研メディカル秀潤社.2014;31-31.
  • 荒川さやか,後藤悌:骨髄抑制.小西敏郎(編):はじめてでもやさしいがん化学療法看護-抗がん薬を扱う知識と副作用マネジメント.学研メディカル秀潤社.2014;32-33.
  • 冲中敬二(監):がん治療と感染症 がん治療中は感染症のリスクが高い!日常的な注意を.がんサポート.2014;137:46-49.
  • 中川靖章(監):抗がん剤治療中の生活ケアBOOK-骨髄抑制による感染症(好中球の現象).実業之日本社.2013;72-73.
  • 矢野邦夫:抵抗力の低下している人を感染から守る本.ヴァン メディカル.2012.
  • 柳原一広,福島雅典(監):血液毒性(骨髄抑制).がん化学療法と患者ケア.医学芸術社.2012;179-186.
  • 菅野かおり:骨髄抑制.篠原信雄(監):泌尿器科のがん化学療法・薬物療法完全ガイド 泌尿器ケア2009年冬季増刊.メディカ出版.2009;163:231-235.
  • 土屋達行(監):血液総論.医療情報科学研究所(編):病気がみえるVol.5 血液メディックメディア.2008;2-8.
  • 松田晃(監):赤血球の構造と機能.医療情報科学研究所(編):病気がみえるVol.5 血液メディックメディア.200810-13.
  • 伊豆津宏二(監):白血球総論. 医療情報科学研究所(編):病気がみえるVol.5 血液メディックメディア.2008;46-53.
  • 佐々木常雄(監):貧血(赤血球減少).抗がん剤の作用・副作用がよくわかる本.主婦と生活社.2007;96-97.
  • 佐々木常雄(監):出血しやすい(血小板減少).抗がん剤の作用・副作用がよくわかる本.主婦と生活社.2007;98-99.
  • 佐々木常雄(監):感染症(白血球減少).抗がん剤の作用・副作用がよくわかる本.主婦と生活社.2007;100-101.
  • 軒原浩:がん薬物療法による副作用とその対策 骨髄抑制.西條長宏(編):インフォームドコンセントのための図説シリーズ.医薬ジャーナル社.2005;28-34.
  • 喜多川浩一:がん薬物療法による副作用とその対策 感染症.西條長宏(編):インフォームドコンセントのための図説シリーズ.医薬ジャーナル社.2005;35-42.
  • 森享(監):骨の造血機能.西東社.2005;46-49.
  • 山口建(研究代表者):厚生労働科学研究費補助金 「がん体験者の悩みや負担等に関する実態調査報告書 概要版」.2004.