抗がん剤治療と口腔粘膜炎
・口腔乾燥

対症療法とケア 継続することが大切です

薬物療法のスケジュールと口腔内清掃

これまでの内容を、薬物療法のスケジュールとの観点から簡単にまとめると以下のようになります。

治療開始前

  • あらかじめ歯科を受診し、専門的口腔ケア、清掃指導、歯科処置を済ませておきましょう。
  • 歯科で指導された清掃方法で口の中を自分で管理して下さい。また新しく習ったことは、治療開始前までに何度か行い慣れておきましょう。

治療開始日~

7~10日後

  • 口腔粘膜炎や口腔乾燥が起こる可能性がある時期です。うがいや保湿をこまめに行いましょう。
  • 指導された方法で清掃を継続するのが原則ですが、ヘッドの小さい歯ブラシを使用した方が良いでしょう。痛みや食事がとれない場合は医師に相談して下さい。

7~14日後

  • 血液成分の減少が起こる場合があります。歯ぐきからの出血や感染症をおこしやすいので、注意が必要です。
  • 指導された方法で清掃を継続するのが原則ですが、コンパクトな歯ブラシを使用したりして、歯ぐきに触れないように清掃をして下さい。

次の治療開始

  • 前回の治療と同じ症状を繰り返すことが多いので、歯科を受診して対応方法を相談するのも良いでしょう。